スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

モウリーニョの戦術はもう古い!?戦術と名言をピックアップ!

モウリーニョ 戦術 古い 名言 ポルト ベンゲル

ポルトガルの名将と言えば、ジョゼ・モウリーニョ氏ですが、ここ数年の挑戦は成功と言えず、過去の人の扱いを受けています。

過去に成功した時代した名言と現在の戦術についてピックアップします。

スポンサーリンク

モウリーニョの言動は過激!?名言をピックアップ!

モウリーニョ 戦術 古い 名言 ポルト ベンゲル

「我々チェルシーには最高の選手たちがいる。そして今、傲慢に聞こえたら許して欲しいが、最高の監督を手に入れた」

「私はヨーロッパチャンピオンである。私は特別な存在(Special One)だ」

チェルシー就任当初のコメントです。

モウリーニョ 戦術 古い 名言 ポルト ベンゲル

当初から自信家なのがいかにわかるコメントですね!

「私は常に勉強している。あなた方はいつも時代遅れだ」

―英国メディアに対して個人的に筆者が好きな名言です(笑)サッカーは日々戦術がアップデートされていくスポーツです。

モウリーニョ 戦術 古い 名言 ポルト ベンゲル

サッカーは11vs11でゴールを狙うシンプルなスポーツですが、モウリーニョの言葉にサッカーの展開の速さを物語っています。

「ベンゲルはチェルシーの覗き魔だ」

当時アーセナルを指揮していたアーセン・ヴェンゲル氏とは、同じロンドンのライバルとしてバチバチにやりあっていました。 スタイルも思考も全く違う両氏の対決は毎試合注目されていました!

モウリーニョ 戦術 古い 名言 ポルト ベンゲル

「教えは請うがCLの決勝を0-4で負ける方法は知りたくない」―ヨハン・クライフが05-06シーズンのチェルシーを「結果主義」と批判したことに対して述べたもの。

クライフが1993-94シーズンのチャンピオンズリーグ決勝で0-4の大敗を喫した事を絡めた皮肉でモウリーニョのサッカーは守備的と勘違いされがちですが、モウリーニョはバランスを非常に大切にし、強固な守備をベースにする監督です。

そのうえで、守備的か攻撃的と言うくくりではなく、シンプルに勝つ確立が1番高いサッカーを目指しています。

モウリーニョ 戦術 古い 名言 ポルト ベンゲル

相手に合わせて合理的にサッカーを展開しますが、ビックマッチが多かったチェルシーは、強豪に合わせて相手の良さを消すサッカーを展開していることが確かに多かったです。

ただし、同等や格下のチームでは、アグレッシブなサッカーを展開を展開しており、いつも守備的サッカーを展開しているわけではありません。

綺麗な攻撃を目指すクライフ氏とは考え方がまるで違うことがわかります。

モウリーニョ 戦術 古い 名言 ポルト ベンゲル

筆者としても、試合は勝たないとファンは喜ばないと考えるので、クライフ氏よりモウリーニョの考えのほうが好きです。

ヴィッセル神戸がバルセロナ化?監督と選手のベストなスタメン予想!

モウリーニョの戦術は?

監督に就く前は、スポルティング・リスボンやバルセロナでイングランドの名将、ボビー・ロブソン氏の通訳を勤めていたり、バルセロナでオランダの戦術家、ルイス・ファン・ハール氏の下でアシスタントコーチを勤めていました。

そのため、モウリーニョは、戦術に関して相当学べたはずです。その経験はチェルシーやインテルで存分に生かされています。

システムは、4-3-3が1番好きと言われていますが、実際はあまりこだわりはなく、チームの勝利を第一と言うコンセプトの中で選手の力を引き出すサッカーを目指します。

モウリーニョ 戦術 古い 名言 ポルト ベンゲル

本当は攻撃的サッカーを全試合展開したいんでしょうけど、勝利至上主義なのは否めないので、相手の力関係に合わせてサッカーを変えるバランス重視のサッカーです。

イタリアの名将のマルチェロ・リッピ氏、ファビオ・カペッロ氏はバランスを重視する指揮官で、モウリーニョはイタリア色を感じる監督です。

インテルで3冠達成したのも、イタリアで受け入れやすいサッカーだったため、決して偶然ではなかったはずです。

モウリーニョ 戦術 古い 名言 ポルト ベンゲル

チェルシーでは、クロード・マケレレ、インテルでは、エステバン・カンビアッソ、マンチェスター・ユナイテッドでは、ネマニャ・マティッチを重用するあたり、ハードワークができ、守備が作れるボランチを必ず起用します。

守備時のオフザボールの動きにうるさい監督で、合理的に動けない選手は、シーズン中に容赦なく構想外のレッテルを張る傾向にあり、戦術に対するこだわりが強いことがわかります。

モウリーニョのスタイルは好きですが、もう少し若手を使ってみたり、チャレンジする采配が多くてもいいのかなと思いますが、合理的な勝利至上主義がモウリーニョの哲学なのでしょう。

戦術は世界のトレンド?マンチェスター・シティの特徴と課題に迫る!

何故モウリーニョはマンチェスター・ユナイテッドで失敗した?

モウリーニョ 戦術 古い 名言 ポルト ベンゲル

モウリーニョは、マンチェスター・ユナイテッドでは、1年半で獲得したタイトルは、国内カップ戦とヨーロッパリーグの2つに終わり、途中解任の屈辱を味わっています。

筆者がなぜモウリーニョが失敗した要因を推測するには、モウリーニョ政権の参謀を17年間勤めたルイ・ファリア氏の不在です。

ファリア氏は、2016年から2018年までユナイテッドに在籍しましたが、家庭の事情で退任しており、モウリーニョの最後の半年は、ファリア氏不在で案の定うまくいかず、解任されてしまいました。

モウリーニョ 戦術 古い 名言 ポルト ベンゲル

モウリーニョが獲得した多くのタイトルの裏には、ファリア氏の献身がありました。

ファリア氏は、トレーニングメニューの構築から、相手チームのスカウティングを担当しており、緻密な分析でモウリーニョの栄光の横には常にファリア氏がいました。

プレミアリーグは世界一過酷なリーグで、ファリア氏のフィットネスは、素晴らしいものがあり、選手ができるだけコンディションを保てていたのは、ファリア氏の貢献抜きでは語れませんね。

モウリーニョ 戦術 古い 名言 ポルト ベンゲル

ファリア氏は、中島翔哉選手が在籍するアル・ドゥハイルSCで監督業をスタートし、モウリーニョの参謀になる可能性はもう低いと言われています。

ファリア氏抜きでは、栄光を獲得したことがないモウリーニョの次の挑戦はどうなるでしょうか?

ファリア氏の緻密なスカウティングを軸に相手の良さを消すサッカーが得意なモウリーニョは、これから再浮上するのは、難しいかもしれません。

モウリーニョ 戦術 古い 名言 ポルト ベンゲル

スペシャル・ワンの挑戦は、困難な闘いになりますが、まだまだ続きます。

リバプールの魅力は欧州を席巻するカウンター!今メンバーが熱い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました