スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トッテナムのエリクセンのプレースタイルとスパイクについて解説!

エリクセン プレースタイル トッテナム レアル 背番号 スパイク

デンマーク代表のエースで10番を背負うエリクソン選手ですが、トッテナムではベッカムに憧れ背番号は23番を選択しています。

テクニカルで現代型の10番であるエリクセン選手を様々な観点で解説します!

スポンサーリンク

クリスティアン・エリクセンのプレースタイルは?

 

View this post on Instagram

 

One step closer 💪🏻 #coys #ce23

Christian Eriksenさん(@chriseriksen8)がシェアした投稿 –

トップ下が本職ですが、インサイドハーフ、サイドハーフなど複数のポジションを左右問わずこなすことができます。

アシストの数が毎年二桁に乗せる程、ラストパスの精度が素晴らしく、左右どちらの足でも正確無比なクロスボールを蹴ることが出来ます。

スイッチキッカーと言う点は、筆者の非常に好みで、左右どちらも起用でき、利き足であるサイドで切り返しても、良いボールが供給できる確率が高い特徴があります。

エリクセン プレースタイル トッテナム レアル 背番号 スパイク

状況判断能力も素晴らしく、低い位置でボールを受けた時、不用意なロストでボールを失いピンチを招くと言うシーンはまずありません。

ミドルシュートの精度も素晴らしく、攻撃センスばかり目立ちますが、チーム内での走行距離は上位で、運動量の多さにも定評があります。

その為、守備が求められるインサイドハーフで起用されても守備のタスクも難なくこなせる現代型の10番タイプの選手です!

セルヒオ・ラモスのプレースタイルは闘争心の表れ?背番号の秘密!

クリスティアン・エリクセンの着用スパイクは?

エリクセン選手は、ユース時代を過ごしたアヤックスからずっとナイキのスパイクを着用しています。

ボールタッチに優れたマジスタシリーズをずっと着用していましたが、昨年の夏にマジスタシリーズに廃盤になってしまい、それからは、同じナイキのファントムビジョンシリーズを着用しています。

ファントムビジョンシリーズはマジスタシリーズの後継シリーズで、正確なプレーを追求するプレイヤーが着用します!

エリクセン プレースタイル トッテナム レアル 背番号 スパイク

スタッドは、固定式のスタッドがほとんどで、欧州の選手にとっては、スタンダードな選択です。

エリクソン選手が着用するスパイクは、特にカスタムなど施されてなく、スパイクに対するこだわりは、そこまでないように思えます。

デンマークの選手ならば、同じデンマークのメーカー、ヒュンメルのスパイクを履いてほしえいと個人的に思いますが、ユース時代がオランダのアヤックスで過ごしている為、難しいのかなと感じます…。

エリクセン プレースタイル トッテナム レアル 背番号 スパイク

現代欧州サッカーの足元は、ナイキ・アディダス・プーマの3強なので…。

セルヒオ・ラモスのプレースタイルは闘争心の表れ?背番号の秘密!

クリスティアン・エリクセンは、レアル・マドリードに移籍する?

エリクセン プレースタイル トッテナム レアル 背番号 スパイク

エリクセン選手は、トッテナムから契約延長になかなか応じず、2020年で契約満了を迎えます。

契約延長に応じないなら、移籍金が発生する移籍は、今シーズン終了後で、移籍のタイミングは、今夏がジャストタイミングです!

トッテナムは、なかなかチャンピオンズリーグやプレミアリーグを優勝できないため、絶えず移籍の噂があり、その移籍先の噂がレアル・マドリードです。

エリクセン プレースタイル トッテナム レアル 背番号 スパイク

過去にはバルセロナやインテルやユベントスなど様々な強豪チームからオファーがあり、トップリーグでこれだけ走れてゴールを演出できるエリクセン選手にオファーが集中するのは当然のことです。

1番具体的な話があるのが、レアル・マドリードで、同じようなプレイスタイルのバロンドーラー、ルカ・モドリッチ選手の後釜として移籍の噂が上がっています。

確かに、エリクセン選手はモドリッチ選手にプレースタイルが似ています。

エリクセン プレースタイル トッテナム レアル 背番号 スパイク

モドリッチ選手も走れて、ゴールを演出し、自らゴールを狙える選手です。

しかも、モドリッチ選手は過去にトッテナムに在籍しており、本当に移籍したら、トッテナム→レアル・マドリードと言うルートを再びたどることになり、個人的に非常に熱いなと感じます。

テクニックとフィジカルが融合した新時代MF!ポグバの魅力とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました