スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

セルヒオ・ラモスのプレースタイルは闘争心の表れ?背番号の秘密!

セルヒオ・ラモス プレースタイル 背番号 スパイク 髪型 ラフプレー

現在33歳の大ベテランでありながら、スペイン代表、レアル・マドリードでも守備の要として君臨しているセルヒオ・ラモス選手。

レアル・マドリードでは背番号4、スペイン代表では背番号15と色々な事情から背番号にこだわりを見せ、その義理堅さと闘志あふれるプレイから熱い男としてサポーターから熱烈な支持を受けています。

そんなセルヒオ・ラモス選手の魅力について迫ってみましょう。

スポンサーリンク

セルヒオ・ラモス選手のプレースタイルといえば?

セルヒオ・ラモス選手のプレースタイルはとにかくオールマイティであること。スピード、タックル勝負の地上戦、エアバトルの空中戦、予測、戦術眼といった頭脳戦、そして得点力といずれもハイレベルで、現在も衰えを見せないのが彼のすごいところですね。

しかしそれならかつてはドイツのベッケンバウアー氏、イタリアのバレージ氏といったレジェンドクラスの名DF達もオールマイティさでは負けていません。いやむしろそれ以上だったかもしれません。そして二人に共通しているのは冷静さ、クレバーさを併せ持っている点でした。

ところがセルヒオ・ラモス選手は彼らにないものを持っています。それはファイティング・スピリット、闘争心です。常に戦う姿勢があるからこそ、永くファンに支持されているのです。

セルヒオ・ラモス プレースタイル 背番号 スパイク 髪型 ラフプレー

しかし裏を返せば反則、しかもラフプレーによる退場が多いのがセルヒオ・ラモス選手の欠点でもあります。アンダルシア出身は血の気が多い!ともいわれていますが、彼も例外ではないといったところでしょうか?

よってアンチが多いのもまた事実で、ネタにされやすいのは彼の宿命といっていいのかもしれません。直近では昨年のUEFAチャンピオンズリーグ決勝でリバプールのエース、モハメド・サラー選手をラモス選手のラフプレーによる怪我による退場を余儀なくされ、レアル・マドリードが3連覇を果たしたことから、当時はすさまじいバッシングを受けたこともありましたね。

テクニックとフィジカルが融合した新時代MF!ポグバの魅力とは?

セルヒオ・ラモス選手の義理堅さは背番号にあり

セルヒオ・ラモス選手は次シーズンでレアル・マドリード在籍15年目を迎えます。

アンダルシア出身でプロキャリアのスタートはセビージャFCでしたが、当時から将来を渇望されていました。そこで目をつけたのが現会長であるフロレンティーノ・ペレス1年目のレアル・マドリード。セルヒオ・ラモス選手は当時ペレス政権下で獲得した最初のスペイン人選手だったのです。

現在の背番号4はレアル・マドリードの守備の要であったフェルナンド・イエロ氏から譲り受けたもので、如何に当時のレアル・マドリードの評価が高かったが伺えるでしょう。

セルヒオ・ラモス プレースタイル 背番号 スパイク 髪型 ラフプレー

そんな中、代表チームでも守備の要である4番をつけてもおかしくなかったのですが、セルヒオ・ラモス選手は一貫して代表では背番号15にこだわっています。

理由はセルヒオ・ラモス選手のセビージャ時代の戦友であるアントニオ・プエルタ選手の不慮の死でした。セルヒオ・ラモス選手の同期で将来有望であった彼の突然の訃報は当時のサッカー界に衝撃を与えた事件でもありました。

そして、そこは義理堅いセルヒオ・ラモス選手のこと。当時スペイン代表でプエルタ選手がつけていた背番号15を戦友の志という形で受け継ぎ、現在に至っているのです。

ソンフンミンはアジア人で史上最高の選手!?年俸が香川を超えた?

セルヒオ・ラモス選手にまつわるスパイクについてのお話

セルヒオ・ラモス選手はスペイン人選手の中でも特にパーソナリティーある選手として有名です。しかもイケメンであることからサポーター、アンチから何かとネタの対象になりやすいキャラクターでもあるのです。

特に髪型を変えるのはしばしばで若い頃のロン毛から、かきあげ、モヒカン、金髪、オールバック、挙句の果てに坊主等、まさにオンパレード。女性のウケは?ともかく、男性の中には結構真似する輩も多いとのこと。でも結果を出しているからこそ受け入れられているのですね。

そしてセルヒオ・ラモス選手はスパイクに人一倍こだわりを持っています。義理固いラモス選手らしく、プロ契約から一貫してナイキを着用しています。

セルヒオ・ラモス プレースタイル 背番号 スパイク 髪型 ラフプレー

そして現在愛用しているスパイクは『ナイキ・ティエンポ・レジェンド7』です。

これはナイキのトップモデルであり、トップ選手を中心に高い評価を受けているのですが、セルヒオ・ラモス選手の場合、彼の署名モデルが2017年から発売されています。署名モデルに選ばれるということは超一流選手の仲間入りを果たしたといえるのです。

ちなみに彼の署名モデルは『CORAZON y SANGRE(魂の血)』。まさに彼の故郷アンダルシアをイメージさせるスパイクで、見栄えもスパイクの底が赤、各部にゴールドを施すといったアイデアに溢れたスパイクで結構人気があります。

セルヒオ・ラモス プレースタイル 背番号 スパイク 髪型 ラフプレー

最後にマドリディスタにはうれしいニュースが・・・

かねてから移籍の噂が流れていたセルヒオ・ラモス選手が正式に残留を発表しました。

義理堅い男らしい決断だったと思います。これでクラブ史上に残る名DFとして名を残すことになりますね。彼の今後の活躍に期待しましょう。

トッテナムのエリクセンのプレースタイルとスパイクについて解説!
タイトルとURLをコピーしました